« 第333回トトtoto | トップページ | 第345回 toto »

2008-05-11

第334回トトtoto

「2121021102121」
2・・・

大分 2 - 0 東京V
前半、大分は金崎が果敢にシュートを放つが、得点にはつながらない。対する東京Vも、フッキを中心とした攻撃陣はほとんど見せ場を作ることができず、両者とも無得点のまま後半へ。後半に入ると早々から試合が動く。後半2分、相手のクリアボールを拾ったエジミウソンが右足で鮮やかなゴールを決め、大分が先制。さらに同22分には、相手のオウンゴールで追加点が決まり、その差は2点に。一方、反撃に出たい東京Vは河野を投入するものの、最後までゴールを奪うことはできず試合終了。大分が2連勝を飾った。

F東京 0 - 1 柏
前半序盤からF東京は主導権を握るも、シュートを枠内に飛ばすことができない。対する柏は相手のミスからボールを奪い、素早い攻撃で相手ゴールを狙う展開となった。後半も終始F東京がボールを支配し試合を優位に進める。しかし後半29分、CKから大谷が得点し劣勢だった柏が先制。その後、F東京は前線の長身FWを中心に最後までゴールを狙いに行ったが、相手DFの体を張った守備を崩せず連敗となった。対する柏はセットプレーからの得点を守り切り、3試合連続完封勝利を収めた。
1・・・
0・・・

大宮 1 - 2 札幌
序盤、流れをつかんだのは札幌。ダヴィのミドルシュートなどで大宮ゴールに迫る。そして前半18分、クライトンのCKがオウンゴールを誘って札幌が先制。大宮は我慢の時間が続いたが、後半に入ると選手交代を機にその流れを一変させる。藤本などを中心に次々とチャンスを作り、後半24分、冨田の折り返しを交代出場直後の森田が押し込み同点。さらに攻め立て、逆転は時間の問題かと思われたが、同40分、またもやCKから最後はダヴィに決勝点を許し万事休す。ホームで痛い敗戦を喫した。

千葉 1 - 0 京都
前半はお互いに攻め手を見いだせず、一進一退の攻防が続く。しかし、運動量が下がりスペースが生まれると試合は動き出す。その中、千葉に4試合振りの得点が生まれたのは後半23分。新居のスルーパスに抜け出したレイナウドが決定的なシュートを放つ。それは惜しくもポストに当たるも、ゴール前に飛び込んできた工藤が押し込み先制。その後、前掛かりになる相手に対しカウンターを仕掛け、追加点を奪うチャンスを作ったがそれはできず。それでも最後まで気持ちを切らさず、貴重な1点を死守した千葉が、リーグ戦の初勝利を挙げた。

清水 1 - 0 鹿島
序盤は清水が積極的に攻め込んだが、前半5分には田代、同16分には岩政、本山に立て続けにシュートを放たれ決定的なピンチを招く。しかしGK西部の好セーブでしのぐと、その後はサイドチェンジからピッチを広く使いチャンスを作る。同24分、本田のJリーグ初ゴールで清水が先制すると、その後も主導権をにぎった。鹿島は後半21分に、ダニーロ、増田を投入し攻勢に出ると、終盤には再三決定的な場面を作ったが、清水が人数をかけた守備ではね返し無得点に抑えた。虎の子の1点を守りきりホームで2度目の勝利を飾った。
0・・・
2・・・
1・・・
2・・・
1・・・

|

« 第333回トトtoto | トップページ | 第345回 toto »