« 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 | トップページ | 第21節 8/18 横浜FC vs ガンバ大阪 »

2007-08-15

第20節 8/15 ガンバ大阪 vs 浦和レッズ

ガンバ大阪 vs 浦和レッズ
万博記念競技場
G大阪は目覚しい躍進を遂げた新潟を一蹴。2強の争いといって差し支えないリーグ戦だが、ここで目下のライバルをたたければ、一気に独走体制を築くこととなる。望むのは前のカップ戦でのような一方的な展開かもしれないが、堅守を誇る相手の守備網が何度も崩壊するとは予想し難い。リーグ屈指の攻撃と守備とが対峙する根競べの様相を呈することだろう。そして、今季のチームはこうした神経戦が得意。一見すると膠着しているように映るその裏では、丹念に敵の盲点を探る作業が繰り返されている。普段の圧力が影を潜めている時こそ、実は最も警戒すべき時だといえよう。一方の浦和が当初に抱いていた目論見は、この試合で勝利を収めて首位の座に立つことだったに違いない。敗戦の許されない危機的な状況がどう作用するか。先んじて仕掛けていくことを苦手とするだけに、なりふり構わず点を奪いに行く必要性を迫られた際の出方は気になるところだ。
両チームともに攻守の切り替えが早く、立ち上がりは互角の展開。前半25分、安田理のシュートのこぼれ球を播戸が押し込むが、惜しくもオフサイド。この後、G大阪の決定的チャンスが続くものの、相手の堅い守備に阻まれて得点することはできない。G大阪の攻撃を防ぎ続けた浦和は、後半17分、永井のゴールで先制。これで優位に立つと、落ち着いた試合運びで相手の反撃を最後まで抑え込み、白熱の首位攻防戦を制した。浦和は首位との勝ち点差1に迫るとともに、G大阪のホーム不敗記録を止める大きな勝利を挙げた。

|

« 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 | トップページ | 第21節 8/18 横浜FC vs ガンバ大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 | トップページ | 第21節 8/18 横浜FC vs ガンバ大阪 »