« 日本、アジアカップ初戦は1-1の引き分け | トップページ | 日本、UAEに3-1で勝利! »

2007-07-11

U-20日本、ベスト16で敗退

U-20日本 2 - 2 U-20チェコ
7月11日(水):ビクトリア(カナダ)FIFA U-20 ワールドカップ カナダ 2007

(前半) 1 - 0
グループリーグでの戦い同様、序盤から積極的な姿勢を見せる日本。得意のショートパスと、両サイドからの展開で相手を崩しに掛かるが、チェコの堅守の前になかなかゴールを奪えない。しかし迎えた前半22分、左CKからフリーの槙野がヘディングシュートを決め、日本が先制点を挙げる。その後は一進一退。高さに勝るチェコはカウンターからゴール前にロングボールを入れ、何度かチャンスを作ったが、福元を中心としたDF陣が最後の壁は破らせず。日本が1-0とリードしたまま、前半を終えた。

(後半) 1 - 2
追加点が欲しい日本は、後半2分にゴール前で田中が倒されPKを獲得。これを森島が落ち着いて決め、日本が2-0とリードする。勢いづいた日本は、その後も優勢に試合を進めたが、後半29分にPKを決められ、1点を返される。さらにDF陣が落ち着く間もない3分後に、再びPKを奪われ、2-2の同点に。終盤は勢いが戻ったチェコがボールを支配し、日本ゴールを攻め立てたが、得点は奪えず。勝負は延長戦へともつれ込んだ。

(延長前半) 0 - 0
(延長後半) 0 - 0
選手が1人少ないチェコに対し、攻勢に出る日本。自慢の体力は衰えを知らず、両サイドからの攻撃も機能し、何度も決定的な場面を迎えたが、ゴールにはあと一歩及ばない。一方のチェコもカウンター攻撃からチャンスを作ったが、得点は奪えず。延長戦終盤は日本が完全にペースを握ったものの、両チームともに得点はなく、120分に及んだ激闘はPK戦にもつれ込んだ。

(PK) 3 - 4
PK戦では、チェコが1人を除いて全員成功したのに対し、日本は1本目の安田、4本目の森島がGKにセーブされ万事休す。PK戦合計3-4で敗れ、ベスト8進出はかなわなかった。

|

« 日本、アジアカップ初戦は1-1の引き分け | トップページ | 日本、UAEに3-1で勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191404/15788466

この記事へのトラックバック一覧です: U-20日本、ベスト16で敗退:

« 日本、アジアカップ初戦は1-1の引き分け | トップページ | 日本、UAEに3-1で勝利! »