« サウジアラビアに敗れる | トップページ | 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 »

2007-07-28

韓国にPK戦の末敗れる

AFCアジアカップ 2007 パレンバン(インドネシア)

韓国 0 - 0 日本

(前半) 0 - 0
序盤にペースを握ったのは日本。左サイドを中心に攻め立て、何度かペナルティーエリアに迫るが、韓国の粘り強い守備に決定機を阻まれる。すると韓国は25分過ぎから、セットプレーを起点に反撃。しかし日本もGK川口を中心とした守備が奮闘し、押し込まれた時間帯をしのいだ。終盤は互いに攻め手を欠くも、ロスタイム間際に日本がCKからビッグチャンスを得たが、これもGKイ・ウンジェに阻まれ、前半は0-0で終えた。

(後半) 0 - 0
中盤で激しくボールの奪い合いをしていた両チームだが、11分に、韓国はカン・ミンスが2枚目の警告を受け退場処分に。その後は日本が完全にペースを握り、何度も韓国ゴールに迫ったが、GKイ・ウンジェの壁を破れず、0-0のまま試合は延長戦に突入する。

(延長前半)0-0
(延長後半)0-0
(PK) 6 - 5
1本目 韓国 ○チョ・ジェジン:ゴール右にシュートを決める
1本目 日本 ○中村俊輔:ゴール左に落ち着いて決める
2本目 韓国 ○オ・ボムソク:ゴール右隅にシュート! 川口がわずかに触れるも、ネットを揺らす
2本目 日本 ○遠藤保仁:GKが先に動くのを見て、ゴール右に決める
3本目 韓国 ○イ・グンホ:ゴール右上に決める
3本目 日本 ○阿部勇樹:ゴール左に速いシュートを突き刺す
4本目 韓国 ○イ・ホ:長い助走からゴール右に決める
4本目 日本 ○駒野友一:長い助走からゴール右上に決める
5本目 韓国 ○キム・ジンギュ:ゴール正面に低いシュートを決める
5本目 日本 ○中澤佑二:ゴール右に落ち着いて決める
6本目 韓国 ○キム・チウ:右隅に低いシュートを決める
6本目 日本 ×羽生直剛:ワンフェイント入れてから正面を狙ったが、GKイ・ウンジェが右手一本でセーブ。

体力の消耗が激しく、疲労が目立った延長戦は、互いにファウルが多くなり、苦しい展開に。カウンターを狙う韓国に対し、日本はポゼッションし続け、途中出場の羽生や佐藤が決定機を作る。しかしGKイ・ウンジェを中心とした韓国の守備陣を破れず、勝負の行方はPK戦に。韓国は全員が成功させたが、日本は6人目の羽生がGKに止められ、万事休す。日本の今大会の成績は、4位という結果に終わった


|

« サウジアラビアに敗れる | トップページ | 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191404/15972374

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にPK戦の末敗れる:

« サウジアラビアに敗れる | トップページ | 第19節 8/11 ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 »