« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007-03-31

第4節 3/31 ヴァンフォーレ甲府 vs ガンバ大阪

ヴァンフォーレ甲府 vs ガンバ大阪
山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
甲府はこれまでの3戦ですべて完封負けと苦戦。しかし、ナビスコカップではリーグ戦で苦汁を舐めさせられた名古屋に連勝した。エースとして期待されるアルベルトにも待望の初ゴールが飛び出し、上昇ムードが漂う。このまま彼にエンジンがかかれば、チームとしては本来のパスサッカーを遂行すればいいだけ。ポゼッションを高め、リーグ戦の今季初得点、そして初勝利をつかみ取りたい。甲府とは対照的に開幕3連勝と好調なG大阪は、今季から本格的に採用した4バックが機能し、3試合連続で無失点と守備が安定。攻撃においても豊富な手駒を有効に使い、こう着した試合でも勝利を手にしている。ナビスコカップを含め、3試合連続で得点しているバレーは古巣との対決。「恩返し」となるゴールでチームを勝利に導けるか。
前半チャンスを多く作ったのはG大阪。前半30分にはマグノアウベスがGKと1対1の場面を迎えるが、これは枠を外してしまう。すると同37分、甲府が細かくつないで、最後はアルベルトが左足で先制ゴール。追いつきたいG大阪は後半24分に播戸を投入し、3トップにして反撃を試みる。するとその4分後、播戸がゴール前のこぼれ球をつめて同点。さらに同38分、播戸の右からのセンタリングをマグノアウベスが左足で合わせて逆転に成功。結局試合はこの得点が決勝点となり、2-1でG大阪が逆転勝利を収めた。

| | コメント (0)

2007-03-25

第265回(toto)

今回も1等なし・・・鹿島がようやく初勝利・・・

ナビスコ/J2 第5節
1 G大阪 2 - 2 神戸
2 大宮 2 - 1 柏
3 鹿島 2 - 1 新潟
4 名古屋 0 - 1 甲府
5 清水 2 - 2 横浜M
6 F東京 0 - 2 大分
7 千葉 2 - 1 広島
8 山形 0 - 1 札幌
9 湘南 0 - 0 愛媛
10 C大阪 3 - 2 京都
11 仙台 1 - 1 草津
12 鳥栖 1 - 0 徳島
13 水戸 1 - 4 福岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-24

肉でも魚でもない・・・

海外組の中村俊輔と高原直泰が加わりDF中沢も代表復帰
日本 ○2 - 0● ペルー
名前のわかる選手が増えたけど・・・裏番組が早く終わる思っていたら最終ラウンドまで・・・危ない場面は少なかったけどパンチがあたってもKOできない・・・判定勝ちしたけど・・・肉でも魚でもない?・・・ラウンド間のCMにサッカーを見て・・・2点も取ってる?巻・高原・中村俊輔の2アシスト・・・セットプレーからの得点・・・失点0・・・ペルーがベストメンバーではないし親善試合だし・・・アジアカップどうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-21

第264回(toto)

J2の試合で引き分けが多いと難しい・・・2回続けて1等なし・・・

ナビスコ/J2 第4節
1 広島 0 - 3 G大阪
2 甲府 2 - 1 名古屋
3 新潟 3 - 1 鹿島
4 柏 2 - 1 清水
5 神戸 1 - 4 千葉
6 大分 1 - 0 横浜C
7 横浜M 0 - 1 大宮
8 磐田 2 - 2 F東京
9 東京V 2 - 0 C大阪
10 草津 1 - 1 鳥栖
11 福岡 1 - 2 仙台
12 愛媛 0 - 0 水戸
13 札幌 0 - 0 湘南

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-18

第263回(toto)

J2でも深夜にテレビ中継が・・・ベルディ・・・名波・服部・・・ベテランが今年はいるので強い?フッキ?
totoで今週は1等が出なかった?J1昇格組が勝ってる・・・

J1 第3節/J2 第3節

1 大分 3 - 1 大宮
2 浦和 2 - 0 甲府
3 千葉 3 - 3 鹿島
4 川崎 6 - 0 横浜C
5 G大阪 3 - 0 広島
6 清水 0 - 1 柏
7 横浜M 1 - 4 神戸
8 名古屋 2 - 0 新潟
9 F東京 0 - 1 磐田
10 鳥栖 0 - 1 愛媛
11 仙台 2 - 2 東京V
12 水戸 1 - 3 草津
13 山形 1 - 1 京都

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-17

第3節 3/17 ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島

ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島
万博記念競技場
G大阪は開幕から2連勝と幸先のいいスタートとなったが、2戦とも1-0というスコアでの辛勝であり、内容は満足のいくものではなかった。これまでに対戦した大宮と鹿島は的確な守備策でG大阪の攻撃を封じ、ともに前半は決定機をほとんど許さなかった。それでも勝ち点を獲得できているのは、家長とバレーという2人の切り札が控えているから。今節もこう着状態に陥れば、単独で局面を打開する力を持つ彼らが試合の流れを変えるはずだ。一方で広島も1勝1分けと好調。開幕戦で証明したように、つぼにはまった時の攻撃力はG大阪にも劣らず、強力な2トップが万全であれば点の取り合いとなるだろう。柏木と森崎浩が前線に積極的に絡み、チャンスを作り出したい。
前半13分、遠藤からの縦パスを受けた二川が右足で決めてG大阪が先制。押し気味に試合を進めるG大阪は同31分に家長がゴール前でフリーになるが、これは枠を捉えられず。広島は同36分、ウェズレイがループシュートでゴールを狙うも枠の外。前半はG大阪の1点リードで終了。後半に入ると広島はサイド攻撃から反撃を試みる。しかし後半6分、ミスから遠藤に追加点を許してしまう。さらに同17分には、バレーの強引な突破にGKまでもが振り切られてしまい決定的な3点目を決められてしまった。結局試合は3-0でG大阪が完勝した。

| | コメント (0)

2007-03-11

第2節 3/11 鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪

鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪
県立カシマサッカースタジアム
黒星スタートとなった鹿島は、難敵との連戦となる。優勝を狙うには、序盤戦での連敗は許されない。攻守において連係が不足しているものの、各ラインに新外国人を採用し、結果のみを求めた試合運びを披露できるか。同カードにおいて、ホームでの成績は良好。圧倒的なサポーターの声援に応えたい。対するG大阪は開幕戦で辛くも勝利を収め、王座奪還に向けて最低限の結果は残した。連勝を飾るべく、控えを含め実力者の揃うストライカーをフル稼働させる必要がある。持ち前のパスワークでイニシアチブを握り、数多くの好機を演出したい。決定力に優れるアタッカーが力を発揮すれば、チーム力では劣る相手から大量点の期待もできる。自らの色を前面に押し出し、勝利を奪って勢いをつけられるか。
立ち上がりからファウルが多い荒れた展開となり、前半のうちに両チームともに退場者を出して10人対10人となった。前半は鹿島がマルキーニョスにボールを集めて決定機を迎えるが、相手GKの好守もあって得点には至らない。一方で劣勢のG大阪は後半から家長を投入し、攻撃の活性化を図った。この狙いが的中し、家長のアシストからマグノアウベスがゴールを挙げて先制。勢いを失った鹿島は同点に追いつけず、G大阪は開幕戦に続いて途中出場選手の活躍による勝利となった。

| | コメント (0)

第262回(toto)

9年ぶりに「横浜ダービー」復活!横浜Cが横浜Mとの「横浜ダービー」に勝利・・・引き分けが4試合・・・J2の試合・・・toto攻略の課題・・・

J1 第2節/J2 第2節

1 甲府 0 - 2 名古屋
2 広島 1 - 1 柏
3 磐田 2 - 1 大分
4 千葉 1 - 3 清水
5 横浜C 1 - 0 横浜M
6 大宮 0 - 2 F東京
7 鹿島 0 - 1 G大阪
8 新潟 2 - 2 浦和
9 神戸 1 - 1 川崎
10 C大阪 0 - 2 仙台
11 札幌 1 - 0 鳥栖
12 京都 0 - 0 湘南
13 愛媛 1 - 3 東京V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-04

第261回(toto)

Jリーグ開幕

J1昇格組の横浜C,柏,神戸・・・はじめの1ヶ月ぐらいは様子見・・・ネットでtotoを購入する準備ができていたけど・・・シーズンオフの間にパスワードを忘れ・・・

J1 第1節/J2 第1節

1 F東京 2 - 4 広島
2 大分 1 - 1 新潟
3 川崎 1 - 0 鹿島
4 清水 1 - 0 神戸
5 浦和 2 - 1 横浜C
6 横浜M 1 - 0 甲府
7 G大阪 1 - 0 大宮
8 柏 4 - 0 磐田
9 名古屋 2 - 0 千葉
10 徳島 2 - 1 愛媛
11 湘南 1 - 2 仙台
12 京都 2 - 0 札幌
13 水戸 0 - 1 山形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-03

第1節 3/3 ガンバ大阪 vs 大宮アルディージャ

ガンバ大阪 vs 大宮アルディージャ
万博記念競技場
ホームで開幕を迎えるG大阪は、ゼロックススーパーカップで4得点を奪うなど浦和を撃破し、早くもタイトルを獲得。覇権奪回を目指し、視界は良好だ。得点が計算できるアタッカーを数多く擁し、誰が出場しても結果を残せる点は強み。バレーの加入も活性剤となっている。プレーメーカーの遠藤を軸に、圧倒的な攻撃力を持って開幕戦に挑めるはずだ。守備面では宮本の抜けた穴を感じさせず、不安も少ない。磐石の状態で相手を迎え撃つ。敵地に乗り込む大宮は、DFを中心に昨季のレギュラークラスが揃って退団。新加入選手を獲得したものの、連係を含めて守備面で不安を抱える。劣勢が予想されるなか、連動したディフェンスで相手の猛攻を防ぎ、得意のカウンターで勝機を見出せるか。
前半、大宮はピッチをワイドに使って揺さぶりをかけるが、シュート精度を欠き得点には至らない。一方、G大阪は中盤でのビルドアップに手間取り、互いに主導権を握れないまま0-0で前半終了。後半序盤はリズムが行き来する展開が続いた。停滞ムードを取り払うべく、ホーム開幕戦で勝利をつかみたいG大阪が家長とバレーを投入。すると後半43分、家長がゴール前で粘って出したパスにバレーが反応し、待望の先制点を奪取。大宮は前線の枚数を増やすも時間が足りず、1-0でG大阪が勝利した。

| | コメント (0)

Jリーグが開幕?

Jリーグが今日から開幕?totoも始まってる・・・Bigは来週からみたいなので購入は来週から?Bigにもミニができてる?9つの対戦になっているから確率が上がってる?チームのメンバーも変わっているので2ヶ月ぐらいは運試しのBigとミニBigに挑戦・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »